とびきりのアプリ開発
2017年12月27日

自社でアプリを作り販売するには

現在のようにスマートホンの時代では、自社であたりアプリを作るような会社もあり、積極的に取り組んでいるところもみられます。

本格的に自社でアプリを作る場合には、しっかりとしたものを作らなければならないだけでなく、顧客が気に入ってくれるものを作る必要があります。

そこでまずは開発の目標を定める必要が出てくるでしょう。自社で開発する場合には、会議などで取り上げる必要がありますが、ウオンツを狙うのかニーズを狙うのかによって方向性が変わってくるでしょう。

基本的にニーズを狙うのであれば、人々が困っているものを考えなければなりません。これがあれば非常に便利と考えられるものを探し、それをアプリにして販売することで多くの人に受け入れられる可能性があります。

一方でウオンツを狙う場合にはそれがなくても困らないけども、あった方が楽しい、あるいはあった方が生活の足しになるといった内容のものを考えるべきです。

アプリの開発は大きく分けてアンドロイドとアイフォンに分かれますが、それぞれプログラム言語が違うため早い段階からどちらのアプリを開発するかを決めておくべきです。

日本ではアイフォンを使っている人が多いですが、外国などではアンドロイドを使っている人が多い傾向にありますので、海外進出まで考えるならばアンドロイドのものを作ってみると良いでしょう。

もちろん、まずは日本だけで勝負したい場合はアイフォンにしてみてもよいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *