とびきりのアプリ開発
2017年12月28日

アプリを開発するときに必要な知識

アプリはスマートフォンを所有している人ならば一度ぐらいは使ったことがあるはずです。

スマートフォンではゲームなどを行う時にアプリをダウンロードすることで楽しむことが出来ます。

お気に入りのアプリもあればそうでないものもありますが、少なくとも世の中で出回っているものは誰かが必要としているものになるでしょう。

もし、自分でアプリを開発する場合には、iPhoneの者を利用するかそれともアンドロイドで開発するかを決めておく必要があります。

この二つはプログラム言語が違うためどちらか片方に決めないとかなり面倒な事になるでしょう。

せっかく開発をするのであれば、多くの人に楽しんでもらいたいため、現在日本ではどちらが多く利用されているかを調べておく必要があります。

日本では、iPhoneの方が若干多く利用されていることが分かります。ただ、世界的に見るとアンドロイド利用者のほうが多いことが分かるでしょう。

言語が決定すれば、後は開発をしていきますが、試作品を作る前にどのようなアプリが人気かを調査した方がいいでしょう。例えば、アンケートでどのようなものがいいかを聞いてみるのもいいかもしれません。

それにより、ある程度形ができあがれば次に試作品を作っていきます。

試作品が出来てからそのまま商品化するのではなく、いったんモニターを集めて利用してもらうがいいでしょう。その結果、設定ミスなどが分かるだけでなく部変更してより魅力的な商品が仕上がる可能性もあります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *