とびきりのアプリ開発
2017年12月28日

アプリ作成は自作の方がメリットがある

今、スマートフォンにしろパソコンにしろ「アプリ開発」という技術と知識を持っていることが大きなメリットになる状況です。

特に大きな市場となっているのが「スマートフォンアプリ市場」で、ここで売れる作品を作成できることは大きなビジネスチャンスを生むきっかけになります。

アプリ作成には専門的な知識と技術が必要で、素人が一朝一夕で売れる商品を作成できるわけではありません。

そのため、これまでこのスキルを持ったエンジニアが重宝されてきたわけですが、現在はその人材が豊富に存在できるようになったこともあってそれほどの価値がなくなってしまっています。

企業から見て価値が減ってしまっているとはいえ、それは見方を変えると「競争率が上がった」という状況です。人材自体の絶対数が増えたことによって企業は人材確保がしやすくなった半面、働く側からすると機会を喪失してしまいやすい状態になっています。

そういった意味で価値が減ったと表現していますが、「売れるアプリ作成のスキルがある」となれば話は別です。

企業に属して、またはフリーランスでこの仕事を行っていく選択肢がありますが、いずれの選択が一方的に良いということではありません。

ただ、将来的なメリットを含めて判断していくと、「自作」という選択肢が最も効率的です。企業に属して作成した場合は一時的な報酬しか得られませんが、すべてを自作した場合にはアプリが売れるたびに報酬を得ることができます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *