とびきりのアプリ開発
2017年12月28日

効率的にアプリ開発を行っていく

タブレット端末やスマートフォンにインストールする事で使えるようになるアプリは、カメラ機能やGPSやジャイロセンサなどの機能を使ったりする事ができ、端末に新しい機能を追加していく事が出来ます。

アプリ開発は、年々高機能で大規模になるアプリに対して、効率的に開発を進めていく事が求められてきています。

アプリ開発を効率的に進めていくには、作業を分業したり、チームで開発する為の環境を整えたりする事が必要になってきます。

スムーズにチームでアプリ開発を行っていく為には、統合開発環境において、プロジェクトデータやデータベースの共有が出来る環境を構築しておくのが良いです。

ユーザーインターフェースでは、デザイン部分とロジック部分を分業化しておき、デザイン部分をデザイナーが行ったり、ロジック部分をプログラマーが開発していく事になります。開発の現場で使われているフレームワークを採用すると同時に、時には企業独自が開発したフレームワークを使って開発した方が効率が良くなる事もあります。

プログラムでは、各機能をモジュール化し、機能別にクラスを分けて開発が進められる事も多いです。

ネットワークを活かしたり、3Dモデリングで立体的な表示をしたり、ビッグデータを活かしたりというように大規模なシステムになりつつあるアプリを開発していく上で、チームでの分業化はメンテナンス性を高めたり、デバッグがしやすい環境を構築したりする事が欠かせなくなっています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *