とびきりのアプリ開発
2017年12月28日

収入源とアプリ開発の手法を考える

スマートフォンなどのアプリ開発では、Javaなどのパソコン用アプリケーションを開発する為のプログラム言語が使え、開発環境も統合開発環境で作る事が出来ますので、パソコンでソフトウェアを開発してきた人は、アプリ開発に取り掛かりやすいです。

アプリ開発を行う際には、スマートフォンなどに搭載されているOSに対応した開発キットと統合開発環境の入手から始めます。

OSメーカーから一式をダウンロード出来るようになっていますので、企業だけでなく、個人でも開発が出来る環境を容易に入手可能です。

個人で開発する場合には、そのままの環境でも十分に行えますが、チームで開発を行っていくのであれば、統合開発環境でチーム開発がしやすいように対応したアドオンを導入しておいた方が開発を進めやすいでしょう。

アプリ開発を行うだけでなく、アプリを消費者に提供した際にどのような収益源があるのかを調べておく必要があります。

アプリに広告を貼っておくという方法やアプリをアプリストアで販売していく方法がありますが、近年では、アプリ内課金と呼ばれる方法で収益を上げるモデルが注目されています。オンラインゲームなどで採用されている収益を得る手段であり、アプリそのものは無料でダウンロードができ、ゲームを進めていく過程でアイテムなどを実際のお金やポイントで購入していく方法です。ユーザーがアイテムを購入する事によって企業の収益になります。

ユーザーは基本無料で遊ぶ事が出来ますが、レアアイテムを入手したいのであれば、アプリ内課金のシステムを使ってアイテムを購入する必要が出てきます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *