とびきりのアプリ開発
2018年3月15日

アプリ開発会社の企業ポリシーの特徴

アプリ開発会社は一般的にそれぞれ業務のやり方や企業文化に違いを持っているのが普通です。

実際にアプリ開発会社に業務を依頼する際には、それらの企業ポリシーに共感を持つことができるところを選ぶようにして業務委託をすることが大切です。では具体的にアプリ開発会社にはどのようなタイプがあるかというと、まずスピードを最優先してプログラムの製造を行うタイプです。高度なスキルを取得しているスタッフが所属しており、急な納期スケジュールにも柔軟に対応することを強みとしています。

ただし、一人のプログラム担当者が全ての構造プランを頭の中だけで考案し、一般的な設計書などを作成しない傾向があります。そのため、仕様を確かめようとする際には、毎回担当者に質問しなければいけないことが多くなってしまうといった面もあります。次に品質を重視するタイプです。バグが少なく、運用時にトラブルが起きにくいように品質を高めることを優先するので、社会的評判の高い商品を納品してくれます。一方で、品質維持のためにテスト工程を多くする傾向があるので、時間と費用がかかってしまいやすくなります。

最後に成果物を多数作成することを重視するタイプです。成果物が多くなれば、プログラム担当者への確認なしに仕様や動作等を手軽に把握することができます。そのため、運営者自身で保守メンテナンスを行いやすかったり、利用者からの要望に沿った情報の確認等も素早くすることが出来ます。ただし、プログラム以外の成果物が多くなればその分、作成費用が高くなる傾向があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *