とびきりのアプリ開発
2018年6月6日

位置情報を使うアプリ開発

アプリにおいてGPSやWIFIによる位置情報は大変使いやすいものになってきています。

位置情報はスマートフォンであればGPSによってすぐに取得できますし、ほとんどのスマートフォンではGPSが機能しています。そのため、位置情報を元にしてさまざまなサービスが提供され始めています。特に期待されているのが商店街などで利用されるアプリです。お店の前にいたり、あるポイントでアプリを立ち上げればクーポンがもらえたり、ミニゲームがあったりと楽しい話題やオトクな情報が得られる仕組みです。

お店の囲い込みにもなりますし、お客様からすればアプリを起動させるだけでお得です。このようなアプリはGPSとの連携が必要となりますが、各OSメーカーから開発キットが提供されていますし、GPSを利用するためのAPIも豊富です。APIによって得られた位置情報をどのように組み合わせて利用するのかアプリ開発では重要となります。

プログラミングが不慣れな方が担当になった場合にはプログラミング言語を利用しなくてもアプリを構築できるサービスも生まれていますので、メーカーが提供するアプリ開発キットを利用しなくてもGPSなどを取得してある範囲内であればあぷりに何らかの行動をとらせるという一連の流れも簡単にWEBで指示するだけでアプリが作られてきます。アプリ開発のサービスは無料で使えるものも多いですが、広告がのることも多いので利用にあたっては有料プランの検討もしておくと良いです

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *