ディスポーザーで生ごみ処理

キッチンから出る生ごみの処理は面倒です。


水切りをしていても、ごみ袋から漏れたりすることもあります。

暖かい季節になってくると、においの問題も悩みの種です。ディスポーザーがあれば、ごみが出た瞬間にすぐ処理ができて便利です。

ディスポーザーは、流し台の排水口に取り付けて生ごみを粉砕する機械です。
排水口に入った生ごみは、粉砕処理されたあと、水といっしょに下水に水洗トイレと同じように流されます。

ディスポーザーがあれば、イヤなにおいに悩まされることもなく、生ごみが原因となり害虫が発生することもありません。

生ごみなどの腐敗したものが、ゴキブリやコバエを発生させるので、原因の元凶を断つことが環境に対する一番の解決策につながります。

ディスポーザーの情報を利用しない手はないです。

ディスポーザーによって、キッチンの作業もはかどり、能率よく家事をすることができます。

ごみを出す量も大幅に減ります。
通常のごみ処理は回収され焼却炉で燃やされますが、燃やす際に、水分を多く含んだ生ごみは焼却炉の温度を下げてしまうので高温燃焼されず、その結果ダイオキシンの発生の原因となります。

All Aboutのことならお任せください。

埋め立てる場所も要ります。
ディスポーザーで処理された生ごみは、水洗トイレと同じように流されたあとは、バクテリア処理されますので環境に配慮した処理方法です。



使い方は簡単で、排水口に生ごみを入れたらスイッチを押して粉砕します。


そのあと、水を流したら終わりです。

常にきれいな状態で使用することができます。